Y's retreat
retreat ; 隠れ家、自分だけの時間や生活に浸る場所 ・・・・模型、音楽、日々の出来事を徒然なるままに

■ profile

yaszo

Author:yaszo
yaszoと申します
なかなかいい年です
けど精神年齢はかなり前から変わってません(^^;

■ GALLARY

■ Category

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

■ New Entry

■ Comment

■ Track back

■ Flashリバーシ

by mitti0

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
思い起こせば…
おそらく小学校の低学年のときでしょうか お祭りの縁日で買った鬼太郎シリーズのジオラマ風のプラモデルが模型の原体験かと(^^;
その後タミヤのAFVシリーズにひとしきりハマり、なんとなく模型好きという感じでしたなぁ タミヤの1/6DAXはけっこう楽しかった思い出があります
高校生以降になるとやはりそれなりに色気づき20代半ばまでは模型とは縁のない生活だったと(^^;
しかしある日1/43のメタルキットに手をだしてたんですな(笑) しかしなぜそうなったのかというキッカケがいまいちはっきりとしないんですよ たしかモデルカーズの野村勲氏の特集を見てからだったような気もするけど…
で、その時はたしか10台ほど作ったと思うんだけどなぜか1台も手元に残ってません 誰かにあげたりしたんでしょうが、その頃は作ることが第一で完成したものにはあまり思い入れはなかったのでしょう

そして或る日、モデルカーレーサーズという雑誌を手にしそこに掲載されていた早川松芳氏の作品にかなりの衝撃を受けたんですな 清潔で外連味のない作風、個性を具現化するためにつくられたデティール、車だけでなく背景を感じさせる精密な小物たち そして何よりも1/43でありながら1/12をも凌ぐ存在感!
その全てが私を虜にしたんですよ 「あぁ こんな風につくれたら…」そう思ったのが運のつき(笑) 今となっては抜けられぬ泥沼に… いや快楽か…

その日から何年もたってるけど、もちろん当たり前のように早川氏の足元には全くもって及びません あの域に達するのは当然ながらおそらく無理でしょう 早川氏にしても我々には思いもつかぬような努力と精進を重ねてきているのでしょうから
しかしまぁ、少しでもほんちょとでもいいから模型の中に俺の一部が表現されたらいいかなぁと、心の片隅に思いながらカッターとシンナーとペーパーと苦闘を続けてる訳です

今、手元にある完成品は引越しやら嫁入りなんかで1台しかないんですがね
おそらく音楽とこの模型というものは生涯続けていくでしょうし、ゴールは見えずとも続けていく価値のあるものと思いますし

しかし、なんでこんなことを悶々としながら失敗をくりかえしもやめらんないすかぇ

私は、模型においてはドMかもしれません  
スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 素晴らしき MODELERS

Blog Modelers

■ 漢は祭りだ!!







■ Calender w Archive


■ LINK

このブログをリンクに追加する

■ QR cord

QRコード

■ Search

■ RSS

■ FC2 counter

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 Y's retreat all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。