profile

yaszo

Author:yaszo
yaszoと申します
なんとかやってます

GALLARY
Category
New Entry
Comment
Track back
Flashリバーシ
素晴らしき MODELERS

Blog Modelers

Calender w Archive

LINK
QR cord
QRコード
Search
RSS
FC2 counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(T_T)

rs-8
 クリアーは吹いたんです

 けど・・・・・



かぶっちゃったみたいです(泣
とりあえず、乾燥ケースにいれてなるべく温度高めにしときましたがどうなるか…

内装も細かい手直しがあって放置しました(-.-)
rs-7 モチベーション下がるなぁ↓

そんなんで、アバルトに手を付けました
まずはギンギラのメッキをキッチンハイターに漬けて落とそうかと。
ab1000-6-1
 
 みるみる落ちていきますな



で、ボディの方はスジ彫りの残りをやっつけるぞと。
ab1000-6-2 私の場合スジ彫りは写真の工具で
 ほとんどやっちゃいます



まずはケガキ針でアタリをつけて、デザインナイフの柄につけた0.15mmのエッチングソーでガシガシと彫っていきます。その後、0.2mmのエッチングソーで巾を揃えて、最後はペーパーの端の方を使って軽い面取りして形を整えると。

上記のやり方はあくまでドアやボンネットとか実車では開く部分ですね。パネルラインやモールの境界なんかは0.1mmのエッチングソーで彫ってきます
ab1000-6-3


 見にくい写真ですけど…

0.2mmのスジ彫りは取れちゃうよぉって所まで深く掘ります。だって本物はそうでしょ?
私はボディへの墨入れってのがあんまり好きじゃないんで、面倒くさいけどあえて、こうしてる訳です。気をつけていれば塗装で埋まることもないですしね
まぁこのへんは好みの問題なんで、ご参考までに。

しかし、BAELさんが1/12で燃えているので、
ちょっとアバルトへの気持ちがぁ揺らぐぅぅぅ(^^;


スポンサーサイト

Comment

こんばんは
1/12の灼熱地獄に肩まで使っているところのBAELです。
共に揺らぎましょう(笑)

スジ彫りのテクニック、お見事ですね。
実に参考になります。
ワタクシはあまりこういった「工作」が得意では無いので
中途半端に終わったり逆にやりすぎて収拾がつかなくなったり・・・(苦笑)
これからもイロイロ参考にさせていただきますね

こんばんは。
そうか、塗装で埋まるなら、先に彫っちゃえばいいのか。
今なにか目からウロコが落ちた感じです(笑
真似してみようそうしよう。

BAELさん、こんばんは。
私はどちらかというと工作系が好きなんすよ スジ彫りなんか黙々とやっていつの間にかボンネット取れてる…(^^; で、サフ吹いて満足しちゃうんですよねぇ(汗

ちょっとロードスターでモチベーション下がってるんで1/12で一気に上げちゃいますかぁ(^^)

躍人さん、こんばんは。
モデリングは試行錯誤の連続ですもんね。お互い頑張りましょう
スジ彫りはけっこう気を使ってますよ。試行錯誤の繰り返しで、クリアまでの塗装を考えて1/24なら今のスジ彫りでいけるかなと。
だったら塗装にも気を使えば失敗しないって話ですけど(汗
どうもこの下がり気味のモチベーションを燃え上がらせるために、アバルトほっといて灼熱の1/12に突入するかもしれません(^_^;)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。