profile

yaszo

Author:yaszo
yaszoと申します
なんとかやってます

GALLARY
Category
New Entry
Comment
Track back
Flashリバーシ
素晴らしき MODELERS

Blog Modelers

Calender w Archive

LINK
QR cord
QRコード
Search
RSS
FC2 counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を付けたのはいいけれど…

一昨日あたりから冬本番の天候でかなり冷え込んでますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
正月休みもあけて早一週間。なんとか生活ペースも通常通りといった感じでしょうか。年越しの現場も終わりゆったりペースなのはいいですが、先日のライブで飲み放題をいいことに調子にのって日本酒飲み過ぎて、記憶まで飛ばして大迷惑かけてしまい自己嫌悪のyaszoです。
いやはやいい年したオヤジが情けないです・・・・orz

自己嫌悪はさておき、
今年のSHSを目標とした
910-1


 「漢の1/12」
 porsche 910

ついに開始でございます。
ちなみに今年の年越しモデリングはコイツでございましたw

 
今回の仕様は1968年日本GPの生沢徹でいこうと思います。で、いちおー資料としてこんなものを。
910-2

 雑誌類の他に
 ネットで落とした詳細画像も
 何点か用意しました

他のレースの仕様も考えたんですが、やっぱり赤ラインのコイツがいいかなと(^^)
決定打になったのは先日発売されたカーマガジン。これにはレストアされた当時の生沢車がのっております。一部当時と違う部分もあるようですけど今回のメインの資料です。全体像もディテールもけっこうのってますしね。他の雑誌の物はどうやら四国自動車博物館に収蔵されている910のようです。それでもディテール関係には資料が多いにこしたこたぁないですから。

キット自体は2000年頃に再販されたもので、デカールもまだ大丈夫そうなんでホッとしてますが、金型自体は1968年製!! しっかり刻印が打ってありました。今から41年前ですよ… 
古いとか文句も言ってらんないんで、まずは仮組と。
910-3



 とりあえずデカイ!

それにやはり41年前ということでヒケや微妙に歪みがあります。バリなんかもけっこう強力ですしねぇ。
かなり大変そうなのがクリアパーツ。
910-4



 厚みが凄いんですが…

なによりピラーの脇の部分が極厚なんですがそれがはみ出て見えてしまってるんですよねぇ。しかしある意味このクリアパーツがボディの強度を担っているのも事実。けれどドアを開閉式にしようと目論んでいるからどうしよう…
いろいろと考えた結果、とりあえずドアは切っちゃいました(爆) で、ピラーがフニャフニャでどうしようもないんで補強しなきゃと。
910-5


 2ミリの真鍮線
 瞬着とエポキシでガッチリと

この部分は実車でもパイプフレームがピラーに沿って付いているので、まぁディテールの追加という事にもなるし一石二鳥じゃあないかと自己満足w これで整形やペーパー掛けの時にうっかり折ってしまう事もないだろうなと。

同時に切り離したドアの方にも
910-6


 コチラは1.5ミリを
 ガッチリと。

ドアもクリアパーツがないとぜんぜん弱いですし、実車同様のパイプフレーム部を追加ということですね。
ついでにサイドの際の部分を薄々にしました。これはボディと勘合部なわけでドアは薄くしてボディには受けとして0.7ミリのプラ角棒を付ける予定です。

いろいろ補強工作から始まっていますが、ドアを切り離したおかげで微妙な歪みも何とか解消しそうです。
まぁ問題は件のクリアパーツなんですけどね。いちおーキットのパーツもまだ使えるようにはしてありますけど、透明度や厚みの事を考えると塩ビで作り直した方がよさそうなんですけどねぇ… けどドアには開口部もあるし、そのへんをどうするかなと考えちゃいますし…

とりあえずはペンディングにして先に進みますよ。
まだまだサフまでにはいろいろやらなきゃならないですし。
ヘッドライトの合いも調整しなきゃなんないし、ドアとリアカウルのヒンジも作らなきゃなんないし、フロンとカウルの固定方法とか、ビミョーに違うフェンダーアーチの部分とかエキゾースト部分とか、もちろんヒケも埋めなきゃなんないし…
こりゃウダウダしてたらホントに間に合わなくなりそうだ(爆)

しかし、こんなのばっかり弄ってたら
いくら模型マゾとはいえストレス溜まりそうだなぁ(^^;
息抜き代りにサクッと出来そうなのに手付けちゃおうかなぁw


スポンサーサイト

Comment

スタートから険しい道のりですなあ。
ドア開口にして一段と難易度が高くなった気がしますが、見事仕上げた時の見栄えは最高じゃあないでしょうか?
頑張って下さい!

で、息抜きはなんぞや?
バンダイの1/43ハコスカGT-Rとかはどーでしょう(冗)

始まりましたね!
それにしても41年前のキットですかぁ・・・。
それはキツイっすね~。
塗装にしても磨きにしても大変そうですね。

クリアパーツは  絞りますか?
やる事盛りだくさんですね。
応援はさせて頂きます(笑)
がんばってください!

お互い苦労してますねぇ(苦笑) でも祭りでもなければなかなかこういったキットには手が出せないですからちょうど良い機会ではあるんですが。

しかし最初からここまでやるとはかなりの激闘になりそうですね。 これに比べればウチの935なんてカワイイモンかも(汗) みんなで頑張りましょ(^^;;;

P.S.
 9月激怒はポチッとやっちゃっいましたんでカーチスよろしくです(笑)

いよいよ始まりましたね。”漢の”ってだけあって色々大変そう・・・。ストレスには要注意です。
でも楽しみにしてます(よそ様の工作は色々と参考になるので)。

なかなかの難物なようですね。
でも楽しんで製作してるのが何となく伝わってきますよ。
私も現在ウィングなどのパテ埋めに奔走してます(笑)
お互い頑張りましょう。

>Limahlさん
既に心が折れかけているというのはこういう事です(笑)
しかし放り出す訳にもいきませんから、なんとか頑張りますよ(^^)

息抜きは山の中から手頃なのを見繕うかなと。ここで新しいの買ったらしょうもないですから(^^;

>JWさん
いくら天下のタミヤ製とはいえ41年の歳月はさすがに厳しいようで(^^; プロポーション自体はいいと思うんですが、サフをかけたらどうなってるかちょっと不安だったりします…
とりあえずフロントのグラスは絞ろうかなと。サイドはどうするかまだ考え中です(^^;

>あるぱさん
ええ、苦労してますよ(笑)
確かにこういう機会でもないとなかなか手を出しにくいキットではありますよね。しかしキット選定を間違ったかもしれない(爆) まぁ激闘は覚悟の上ですからなんとかお互い頑張っていきましょう!

セプテンバーフューリーいきましたか!
私はどうしようかなぁw 欲しいものがいっぱいで困りますな。

>ko-tinさん
そうです、漢の1/12ですからどんなに茨の道だろうと進まなければならんのです(笑) まぁ模型の事ですからストレスとはいえ気にはならないでしょうが(^^; それよりも5月の締め切りに今からビクビクです(汗)

>ヒロシさん
かなりの難物ですねぇ。もうちょっと楽かと思っていた私が甘かった… しかしおっしゃるように内心楽しんでいるのは事実です(^^) ああしようこうしようといろいろ考えてるのもまた楽しからずやとw
72も年代物ですから苦労しそうですけど、お互い頑張ってまいりましょう!

はじめまして、昨年のもてぎのイベントに触発されて、私も昨年末から、押入れから引っ張り出して、手をつけてしまいました。40年前、よくこんなキット作ったなぁと、感慨に耽りながら、ゆがんだパーツに悪戦苦闘してます。
ドアのカットは誰もがやってみたくなりますね。ただ今どうしようか思案中です。切ったはいいがヒンジはどうする?参考にさせて下さい。宜しくお願いします。

>shihandaiさん
ようこそいらっしゃいました(^^)
そちらはけっこう進んでるようで羨ましい(^^;
諸般の事情でかなりのスローペースになってしまっておりますが、週明けにはヒンジ廻りもブログにUPできるかなと。
ご参考になるかどうかはわかりませんが、よろしかったら見てやってください(^^;
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。