Y's retreat
retreat ; 隠れ家、自分だけの時間や生活に浸る場所 ・・・・模型、音楽、日々の出来事を徒然なるままに

■ profile

yaszo

Author:yaszo
yaszoと申します
なかなかいい年です
けど精神年齢はかなり前から変わってません(^^;

■ GALLARY

■ Category

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

■ New Entry

■ Comment

■ Track back

■ Flashリバーシ

by mitti0

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
INDIAN 741B Custum 製作記
静岡ホビーショーが終わってから一週間たちましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。直前に修羅場ったせいと先週の仕事がたてこんだせいでだいぶ腑抜けていましたがなんとか復活してきたyaszoです。静岡のレポートも前回済ましたからといって、実はそうそうのんびりもしてらんないんですよねぇ。あと5週間後の7月7日には地元柏崎の展示会があるんですもの。(前回の様子はコチラ

せっかくの展示会なので新作持って行きたいと思ってるんですよね。
しかしまだ9割方の完成であるインディアンとオースチンを100%にしなくちゃなりません。で、まずは簡単にインディアンの方の製作を振り返ってみましょうと。まぁ修羅場ってたためほとんど写真も撮ってないんですがね(爆)
indn-1



 使用キットはコチラ

SWASH DESIGNさんの1/35INDIAN741B Custum ver.とレジン製のWoman Riderです。


 
キットの中身はこちら。(以前掲載してますね)
ok130410-2  ok130410-3
これを作ろうと思ったのが静岡の一ヶ月前。
レジン&メタル製とはいえ、なんといっても時間のかかる鏡面塗装の面積が圧倒的に少ないしなんとかなるべと思ったのが運の尽き(笑) けっこう大変だったりしましたw
それでもインストとは別にSWASHのZip斎藤さんがブログで組立解説や実車画像があったのでずいぶん助かりましたよ。

キットを開けたらばまずは下拵え。
indn-3


 やはりインジェクションと違って
 けっこう大変…

レジンパーツは少ないとはいえ気泡なんかがありますからその辺り手当てをして、ホイールパーツはエッチングを挟んでホイールの形にしたり、メタルパーツで無塗装でいくパーツは600番あたりから順を追って磨きだしていきます。この磨き出しがけっこう大変(^^; 硬めのホワイトメタルとはいえやはり柔らかい金属なのでなるべく変形しないように気を使いながらってのはなかなか大変でした。
シリンダーパーツはフィンのモールドがややダルかったのでBMCタガネで掘り込んでみました。

indn-4



 仮組みの図

ここまですでに2週間経過…
いわゆるAFV的に全て組み立ててから塗装というのではなく、1/12なんかのバイクモデルと同様にパーツごとに仕上げて最終工程でそれらを合体させるという方法をとっていたためにインストと違う組立方になってそのあたりでけっこう時間くっていたりします。
フレームもメタル製なんですが、仮組みしてからも再度合わせたりなんかするとまた曲がってたりして(^^; あと細かいパーツを取り付ける部分に明確なダボとかそういう目印がないので、虫ピンや洋白線を固定用のダボにしてフレームなどに0.3mmの穴を各所仮組み&確認しながら明けていくってのもなにげに手間がかかりました。

このあとフレームはプラサフを吹いてセミグロスブラックをエアブラシで。細かい部分は筆塗りで済ましています。
タンクやフェンダーなどは同様にプラサフ吹いてカラーを吹いていきます。
メタルの磨き出し部分はくすんでしまわないように磨いたあとにラッカークリアを吹いておきました。

で、ちょっとコダワリw
indn-5



 ホイールのリムにメタルック貼り付けw

実車でもこのリムはスポークと一緒に塗装仕上ってのも多いんですが、せっかくのカスタムバージョンですからキラキラなリムのほうがいいかなぁと。
最初はメッキ塗装も考えたんですが、場所的にマスキングも大変だしあまり綺麗に仕上がらない感じがしたのでここは根性でメタルックの貼り込みを選択! まぁ確かに手間はかかるんですがコツを掴めば思ってたより大変ではなかったですよw

このあたりからほとんど写真撮ってないんですよね。
でイッキに飛びますが…
indn-7



 同時進行のお姉さん

これはもうキットの出来が素晴らしいので、モールドの掘り起こしをしたくらいで他は何にもしてません。塗装もほとんどラッカー。プラサフと顔のフレッシュはエアブラシですが残りはラッカー筆塗り。少しは陰影とか皺とか考えながら色をのせていきます。なんせ手持ちの塗料はラッカー以外エナメルが数種類くらいしか持ってないですからw まだこの段階では顔は軽くウォッシングして白目を入れた段階で止まっています。アイメイクは難しそうですもんねぇ。最後まで残しておきます(^^;

で、後ろにぼやけて写ってますが、タンクやフェンダーなんかは基本塗装終えてデカール貼り、さらにクリアがけと進んでいます。このあたりは普通のカーモデルやバイクモデルと同様の工程。この後軽く研ぎ出しして仕上ています。面積が小さいので短時間で済むのが救いですかね(^^;

で、さらに工程を吹っ飛ばして
indn-6



 バイク単体は完成w

この時点で静岡前日の17日早朝5時ww
細々とした塗装済みのパーツを組み立てていきます。
けっこう苦労したのは細かいエッチングパーツ類。前にも言ったようにキットのままだとイモ付けになってしまって強度的に不安があるし位置決めもままならないので、取付側のフレームに0.3mmの穴を明けエッチングパーツや他のパーツにも穴を明け、虫ピンや洋白線で固定し瞬着でピタッと。ですがまたこれが細かいもんだからなかなか上手くいかないのよ(^^; 短くした虫ピンなんかは何個飛ばしたことか…
それでもなんとか組み上げ、残すはパイピング。これはMFHの0.28mmのケーブルをメインに使っています。施したのはフロントのブレーキ、メーターケーブル、アクセルケーブル、プラグコード、などなど。ガスラインとオイルラインは糸ハンダの0.3mmでそれらしく配管しときました。
エンジンのプッシュロッドのパーツはシリンダーの一部としてモールドされてるいるんですが、カスタムバージョンだとここはメッキの場合が多いんですよね。小さいといえど目立つ部分ではあるので、モールドを削り落として、0.6mmのアルミパイプをドリルレースで段付きに加工してくっ付けてみました。意外とポイントになっていいんではないかとw

あと、一つやらかしたのはメタルのハンドルのパーツを磨き出し中にポッキリ折ってしまっったんですよねぇ。アクセルケーブルの取出し口の穴を先に明けていたためそこから逝ってしまいました。半田付けで復活させようかとも思ったんですが、モノが細くて厳しいのでアルミパイプの0.6mmに置き換えトップブリッジとグリップ部分のみメタルパーツからの再利用としています。まぁ怪我の功名というかパイプゆえに真円度が増して光り具合もよかったのでまぁいいかとw 小さいパーツの組立は苦労しましたけどね(^^;

で、なんとか静岡に間に合いこのような展示になったわけです。
indn-8



 現地では小さいせいかあまり目立たなかったかもw

ベースは合間を見て市販の木製ベースにスチレンボード加工の石畳風を作っておきました。
しかしながらまだこれは未完成なんですよねぇ。
あとお姉さんの顔もイマイチだし………
どうみても目がでかすぎるよなぁwww

で、ここからは静岡後。
indn-9



 スチレンボード工作

ベースを立体的にすべく簡単なストラクチャーを作ってみようかと。
まぁこのあたりは建築模型なんかと同じなのである意味慣れたもんです。基準となる立面図をCADで描いておけば寸法取りも楽ですからね。
この後、タミヤの情景テクスチャーペイントを塗ってアクリル絵の具で色付けしていきます。

indn-10


 文字通り華を添えるために
 薔薇の花を

以前に買っておいた紙創りの薔薇を添えてみようか作ってみました。ピンセット二本使いでけっこう大変(^^; 色付けはアクリル絵の具でやったんですけど葉っぱをホントに緑で塗ってしまい幼稚園児の塗り絵みたいになって浮きまくってますww このあともっとトーンを落とすべく重ね塗りを施しておきました。プランター替りの木箱はプラ板組。脇に見えるのは1mm角プラ棒の窓枠ですな。

画像はありませんが、お姉さんの顔もいったんスッピンにしてからやり直してみました。
あまり変わり映えしないっちゃそうなんだけど、前よりは少しまともにはなったんでまぁいいかなと。私の腕ではこれ以上はキビしいっす(T_T) せっかくいいモールドなのにそれを殺してしまているようなのは否めません・・・・・・


で、今の段階ではほぼパーツも揃ったんで組み立てて完成、写真撮影ってところでしょうかね。
オースチンの方も無くしたウインドウパーツの切り出しとか付け忘れたマフラーとか(爆)なんで、あともうちょっとですかね。
次回は完成写真のUPとなりますでしょうかねw

では、また。






スポンサーサイト











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 素晴らしき MODELERS

Blog Modelers

■ 漢は祭りだ!!







■ Calender w Archive


■ LINK

このブログをリンクに追加する

■ QR cord

QRコード

■ Search

■ RSS

■ FC2 counter

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


copyright 2005-2007 Y's retreat all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。