FC2ブログ
profile

yaszo

Author:yaszo
yaszoと申します
なんとかやってます

GALLARY
Category
New Entry
Comment
Track back
Flashリバーシ
素晴らしき MODELERS

Blog Modelers

Calender w Archive

LINK
QR cord
QRコード
Search
RSS
FC2 counter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

静岡アイテム始動! AH Sprite Mk-1 #1

ようやくポカポカとした日もあるようになって春が近付いてきた今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。しかし花粉症の人は大変な時期になってきましたねぇ。幸運にもぜんぜん平気なyaszoです。まぁ生まれた時から周りは杉林だったってのは関係ないんでしょうかね(^^;
さて、今年も静岡ホビーショーまでちょうど2ヶ月となりました。
そこで持って行くべく新作に取り掛かりましたよ!
ash-01


 SWASH DESIGNの
 オースチン・ヒーレー スプライトMk1

私としてはオースチンセブン、ミニバンに続くスワッシュさんの1/32キット第3弾となりますよ!
あと、毎年恒例の静岡HSカウントダウンも設置しました。地味にプレッシャーになりますからww
 
いわゆるカニ目と呼ばれてる屈指の名車ですな。
昨年秋に発売されたもので相変らずヒジョーによさげなキットです(^^)
ash-02



 キットはこんな感じで

おおまかなパーツはレジン製、それにホワイトメタルのパーツが少しにグリルや小パーツのエッチング、クリアパーツといったフルキットの構成です。このあたりは以前のオースチンやミニバンとほぼ同じですね。
今までの経験や失敗をいかしていけばちょっとは以前よりは上手く作れるかなぁなどと考えておりますw

資料としてはネットで探してきた画像にこちらも
ash-002  ash-003
インストにも各所の詳細画像がのってて十分に資料になるんですよね。オリジナルのカラーバリエーションもあったりして役に立ちますなw
あとこちらも
ash-001


 カーマガジンの
 カフェレーサー特集号w

今回はせっかく素晴らしいカニ目のキットなのでシックにノーマル仕様でとも考えてたんですが、やっぱり好きなのはコッチだよなぁということでカフェレーサー仕様でいくことにしました。このカーマガジンのカフェレーサー特集はいろいろとインスピレーションをかきたてられるんですよねぇw

で、製作にとりかかっていきます。
レジンパーツをざっと洗ってから作業にかかりますよ。ちなみに今回ボディが少しだけ捩れていたのでお風呂にいれて直しておきました。
ash-03



 まずは大きめなボディとシャーシから

シャーシは中央のキャビン部分、それにフロントとリアのセクションの3分割になっているのでボディに合わせながら歪まないように接着します。画像ではわかりませんが接着部分が小さめなところには洋白線を仕込んで補強しています。
ボディは内張りのディテールの関係でしょうかドアが別部品になっているので、接着して隙間をシアノンで埋めておきます。ここはペーパーを当てて再度スジ彫りをします。
これは後で気付いたんですが、ドアの内張りのディテールの下拵え(スジ彫りや穴開け)はボディ取付前にやっておくべきだったなぁと(^^; 後からだとけっこう大変です…

で、今回ちょっと悩んだのはタイヤ・ホイール。
まぁバンパーレスにして塗装でそれっぽくするならノーマルのタイヤでもいいかなと思ったんですが、もうちょっと気合入れましたって感じにするならやっぱりタイヤホイール交換は必至かなとw
ash-04



 で、やっちゃいましたw

ホイールはアリイの1/32の240Zから。ホイールの縁にリブがなかったので0.2mmのプラペーパーを巻いてそれっぽくしてます。
で、タイヤはアリイのパーツがこりゃどうもなぁ…って感じなので、いろいろジャンクを漁ってタミヤのフィアット500のタイヤを小径化でいきます。これで外径はノーマルとほぼ同じ、タイヤの厚みが約1.3倍くらいでなかなかいい感じかなと自画自賛w しかしホイールはもろワタナベ!って感じでいわゆるミニライト系の8本スポークとはちょっと違うんですよねぇ… まぁこれでもいいかなと思う反面、ここはちょっとでも雰囲気変えるべきだろ!ってのがせめぎあっているので仕上げはもう少し後にしますww

タイヤ・ホイールの目途がついたので足廻りの仮組み&組立にいきます。
ash-05



 なんとか形になりそうかなと

実はこの足廻りがこのキットの厳しいところで、繊細で細かく表現されているんですが、いかんせん小さなレジンパーツでしっかりとした位置決めのダボや穴があるわけではないので組立も厳しいですし、接着の関係でかなり華奢な造りなんですよね。これは以前のスワッシュさんのキットで経験済みで苦労した部分でもあるんですよね(^^;
なので今回は多少ディテールを殺してもキッチリとした位置決め(加工中も完成後も)をしていったわけです。まぁホイールが変わっているのでその取付方法がかわるのでしょうがない部分もありますがね。

フロントは1.2mmのアルミ棒をドラムブレーキからスプリングのパーツ、シャーシにまで貫通させて、細かい足廻りのパーツに頼らずにある程度固定されるようにしてみました。まるでFFのドライブシャフトのようでありますw
リアはホイール固定用にフロント同様1.2mmのアルミ棒を差し込んでおきます。キットのままだとリーフスプリングのパーツとリアアクスルのみで位置決めなので、ドライブシャフトの部分をアルミ棒に変えてコレをシャーシに穴を明けて差込んで、なおかつアクスルの裏側に0.5mmの洋白線で高さ&前後の位置決めをするようにしました。もちろん実車にはない部分ですが、こうすることでカッチリとした足廻りになったのではないかなと。
で、
グダグダ長文で説明しましたが、
ash-06



 組んでみるとこんな感じで

タイヤが仮止めなのでちょっと外にはってますが実際はもう少し中に入るかなと。車高もノーマルより少し下げましたがベタベタに低いということもなくまぁまぁかなぁと。
しかしこの足廻りだけでみっちり3日かかりましたよ(^^; レジンのパーツは繊細でやってる途中に何度も折れるし、モノが小さいのでほん少しの取付のズレでタイヤを付けると変なほうになってたりとちょっと苦労しちゃいました。

なんとか足廻りの方が済みましたが、
ash-07


 ボディの方の下拵えも
 あらかた終了です

ドア廻り、ボンネット廻りは0.2mmのタガネで。1/32だとちょっと太めなんですがサフをきっちり吹いて調整していこうかなと思ってます。画像では見にくいですがキャビンまわりのクロームのモールがまわる部分もぼやけていたのでしっかり彫り込んでおきました。
しかしレジンが少し柔らかめなので何回も曲げてしまって彫り直ししましたよ(^^: 特にドアのところはシアノンとの硬度差があるのでかなり慎重にしましたがそれでも曲げてしまうと… まだちょっとあやしい部分もありますけどまぁこんなところで許してやろうとw

ノーマルボディならばこれでOKなんですが、今回はもう一つカフェレーサーっぽいアイテムをこれからやっていこうと思ってます(^^)
今のところけっこう手が動いてるので(まぁそれでも遅い手ですがw)、それなりにいい感じで進んでますね。まぁ進んでくれないとまたケツニッヒ・ターボで修羅場るのもいやですからw
それにせっかく静岡に持ち込むので、単体でなくなんかしらもう一味付け加えようかと思ってますから頑張らなくちゃいけませんのよw

では、また。






スポンサーサイト

Comment

こんばんは(^◇^)
SWASHのカニ目イイですね〜!
愛らしい表情と想像以上にコンパクトな車体、好きです!
どんな仕上りに成るのか、楽しみにしておりま〜す( ̄^ ̄)ゞ
TOP画像
ABARTHになりましたね〜( ̄+ー ̄)
カラーリング含め本当にカッチョいいっす〜!

このカニ目。かなり欲しくて悩みましたが諸事情アリで購入を見送りました(爆)
TOP画像のAbarth 750 Berlina堪りません。。。
PCの壁紙にしたい位LOVEです(笑)

Mさん、こんばんは。
カニ目は32ですが43並みにコンパクトなのでいろいろ苦労してます(^^; けっこう好き勝手に弄ってますんで乞うご期待でw
アバルトはここ最近では一番のお気に入りなんですよ(^^)

クラッチョ!さん、こんばんは。
組み立てにはちょっとコツがいりますが、なかなかいいキットですよ。ゼヒ積んでくださいw
アバルトLOVEありがとうございますw ミゾロギさんもお気に入りのようでありがたいっすね(^^)
非公開コメント